遙かなるUTMB

UTMB2017完走に向けて日々のトレーニングや備忘録

ザクロジュースの遅発性筋肉痛にたいする効果

新城ダブルの筋肉痛で苦しんでいるのでちょっと調べてみました

 

”ざくろ”って知ってます?ざくろくらい知っている方も、ザクロジュース売っているのは知ってます?

はい、私はしりませんでした。

どうもザクロジュースは血圧を下げたり、活性酸素を取り除いたりといった作用が、赤ワイン、ブルーベリージュース、クランベリージュース、緑茶などと較べても高いことがわかっているようです。

f:id:bungo1103:20170324215350p:plain

このザクロジュースが筋肉痛やパフォーマンスを良くするのかという研究がありましたので紹介します(斜め読みですが)

Pomegranate Supplementation Accelerates Recovery of Muscle Damage and Soreness and Inflammatory Markers after a Weightlifting Training Session

残念ながら対象はオリンピックに参加したことのあるレベルのウエイトリフターです。年齢は21歳で9人で行いました。まず通常のトレーニングを2回1:45行い(session)それぞれ、48時間の休息を開けます。続いてsession1,2ではオリンピックの競技で行われる、ジャークやスナッチなどの試技をどこまであげれるかを行っているようです。1回目の試技の前にはプラセボを、2回めの試技の前にはザクロジュースをそれぞれ1500ml (250 x 6回)飲んでもらい、前後の採血やパフォーマンスなどを調べました

f:id:bungo1103:20170324220529p:plain

結果ですが、ザクロジュース飲んだほうが、重い重量をもちあげられ、遅発性筋肉痛も少なく、採血でもCKやLDH(筋肉の破壊のマーカー)などの値が有意に低かったようです。

f:id:bungo1103:20170324221321p:plain

f:id:bungo1103:20170324221331p:plain

 

この研究には最大の欠点がありまして、、、プラセボをはじめに入れて、2回めにザクロジュースとしていますが(これはブラインドですが)が逆にした試験をしていません。たとえば身体が慣れてきているだけという考えも成り立つのではと考えられてしまいます。

まあ飲むか飲まないかはあなたの自由(笑)

一度試してみるのもよいかもしれません。